【家紋名】 丸に橘

家紋画像
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

橘は現在ある蜜柑の原種で、実は小さく酸味が強いため食用には適さない。橘紋は橘諸兄が最初に使用したとされており、橘氏の代表紋である。橘氏の一族が多く使用している。藤原氏にもみられる。彦根の井伊氏も橘紋である。特に近畿地方に多く見られるが、北関東では少ない。


丸に橘 の有名武将・大名

井伊氏


家紋ドットネットに掲載されていない家紋を調査、デザイン作成(有料)も可能です。ご相談の方は以下よりお気軽にお問い合わせください。
個人の方はこちら
法人の方はこちら


※当サイトはリンクフリーです。お気軽にSNS、ブログ、掲示板にリンクをお貼りください。
※法人の方で家紋画像の利用を希望される方は、問い合わせ窓口にご連絡をお願いいたします。
※家紋の解説などの家紋データをご利用される場合は、「参考資料 家紋ドットネット」「家紋ドットネットより引用」「出典 家紋ドットネット」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 家紋ドットネット」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

丸に橘 みんなの家紋のはなし
【名字】畠山 【都道府県】奈良県

奈良の吉野に先祖代々の墓があり、墓に刻まれた紋が「丸に橘」
恐らく、応仁の乱で吉野へ逃げた畠山義就に関係が深いと思われるがなぜこの紋になったかは不明。
【投稿日】2020/02/03 19:50:28
【投稿者】もずく。さん
【名字】小野塚 【都道府県】新潟県

小野塚姓の由来は新潟県になる。我が家は明治30年代まで長岡城下玉蔵院町に居住していた。ちなみに同じ町内には元帥・山本五十六の生家である高野家があった。なお「越後分限帳」に小野塚甚九郎という人物が記載されている。
【投稿日】2019/12/06 20:41:19
【投稿者】静庵(せいあん)さん
【名字】前川 【都道府県】兵庫県

先祖は明石藩の下級藩士だったらしいです。
【投稿日】2019/11/03 20:35:08
【投稿者】ゆ。さん
【名字】東風谷 【都道府県】千葉県

父方の祖父の家系は千葉県野田市出身です。
【投稿日】2019/08/26 16:57:54
【投稿者】キノコちやさん
【名字】木内 【都道府県】長野県

私は愛知在住ですが、父は長野県飯山出身です。
由来は聞いたことがありません。
【投稿日】2019/02/26 19:13:57
【投稿者】げきうちさん
【名字】 【都道府県】大分県

母の旧姓が高です。
ちなみに父方の家紋が不明です。
【投稿日】2018/10/27 10:18:38
【投稿者】ふぐのなべさん
【名字】立原 【都道府県】埼玉県

ルーツは茨城県です。当家の本家筋は丸に菊座橘、分家は丸に橘、丸に久世橘等が見受けられます。文献には丸立花とありましたが、菊座橘は柑橘系というか花として見られていたのでしょうか?池坊しかり。
江戸時代前の橘紋の立原氏は佐竹家臣、三つ盛り亀甲に花角(花菱?)紋の立原氏は江戸氏と佐竹氏家臣、下がり藤やその他色々ありますが鹿島氏家臣なのか帰農組かと思われます。
江戸時代に入り、帰農したもの、佐竹氏について秋田に行ったもの、水戸藩に仕えたもの、帰農した後藩に召し抱えられたもの等色々あるそうです。
【投稿日】2018/02/27 18:37:58
【投稿者】爲清さん
【名字】右近 【都道府県】新潟県

祖先は、配流になった順徳上皇の従者だったようです。「右近の橘」からか、家紋は丸に橘です。
【投稿日】2017/08/12 21:56:09
【投稿者】はちさん
【名字】大永 【都道府県】兵庫県

親戚みな丸に橘です
【投稿日】2017/07/14 14:28:59
【投稿者】ヘッドチキンさん
【名字】吉成 【都道府県】福島県

祖先は水戸藩の武士だと、おじさんから聞きました。おじさんも、父親から、そう聞いたと言っていました。
【投稿日】2017/07/06 23:26:34
【投稿者】よっしーさん
【名字】園木 【都道府県】北海道


先祖は阿波の国の足軽侍と聞いている
明治維新後、北海道に渡ったとのこと
【投稿日】2017/05/09 12:08:02
【投稿者】クルクルさん
【名字】村重 【都道府県】山梨県

先祖は山口県岩国、祖父の代に山梨県に来た。祖父の話によると毛利藩の御殿医だったそうです。
【投稿日】2017/02/02 20:11:32
【投稿者】リキさん
【名字】岩澤 【都道府県】香川県

近隣(香川県さぬき市造田)の同姓は皆、丸に橘紋のようです。本家と言われる家と私の家ではわずかにデザインが異なります。
関係は不明ですが、徳川幕府旗本の岩澤氏も丸に橘紋を使用していたようです。この家は平姓千葉氏を自称していたようです。
【投稿日】2016/12/25 01:02:05
【投稿者】YoRzbszyさん
【名字】武知 【都道府県】愛媛県

既に他界している父からは、元々は内子に縁があるらしい。しかし、家紋の由来は聞いたことがない。
お墓にあったものを写真に撮影していて、今日、丸に橘だと知った!
【投稿日】2016/12/22 23:05:01
【投稿者】カート・ワーナーさん
【名字】白鳥 【都道府県】静岡県

何故か丸に橘です。
【投稿日】2016/11/21 22:17:11
【投稿者】ヒロさん
【名字】市川 【都道府県】埼玉県

祖父が新潟県出身。市川姓で丸に橘紋は珍しいと思います。由来由緒は不明です
【投稿日】2016/10/18 16:16:44
【投稿者】メタスさん
【名字】岩室 【都道府県】滋賀県

橘氏の橘能俊・岩室進士と号す。近江国甲賀郡岩室に住み岩室の始祖となる。
【投稿日】2016/10/12 14:53:17
【投稿者】ツヨシさん
【名字】山本 【都道府県】広島県

広島県府中市(備後)に昔 山本谷と言う村があったらしく そこら一体には丸に橘の家紋のお墓がたくさん密集しています。
【投稿日】2016/06/15 16:06:11
【投稿者】あーかさん
【名字】羽藤 【都道府県】愛媛県

今治市玉川町葛谷の羽藤一族の墓標の家紋は「丸に橘」。
ルーツは藤原氏と云われる葛谷の羽藤姓がなぜ橘紋かという疑問があったが、姓名文献類の記述によると「橘氏系以外で橘紋を使う代表的な諸氏の一つに藤原氏系がある」らしい。元祖が橘紋にゆかりのある藤原氏だったのかも。
【投稿日】2016/05/11 12:44:20
【投稿者】poppo-jさん
【名字】小山 【都道府県】茨城県

長野県の小海町に先祖代々の墓があるがその家紋が丸に橘
【投稿日】2016/04/20 16:47:06
【投稿者】山下さん
【名字】髙田 【都道府県】兵庫県

髙田家の家紋は由緒ある丸に橘であると先祖代々言い伝えられてきました。先祖の出身は越後の髙田です。その元の出自は武内宿禰命と教えられてきました。
【投稿日】2016/02/25 23:37:53
【投稿者】hanemiruさん
【名字】 【都道府県】宮城県

県北部(登米市中田町)の橘氏一族の家紋。
一族の墓に刻まれている。

元々は、義経討伐軍と言われており、源頼朝の軍勢下に入った橘氏が、討伐後、岩手県平泉からこの地に周辺に住み着いたとされる。
【投稿日】2015/12/19 21:17:15
【投稿者】非時香木実さん
【名字】有麻 【都道府県】埼玉県

代々丸に橘のようです。
【投稿日】2015/12/19 15:59:35
【投稿者】りりさん
【名字】大小森 【都道府県】福岡県

先祖代々の墓についている。
【投稿日】2015/12/10 06:58:03
【投稿者】こもちゃんさん
【名字】片平 【都道府県】福島県

伊東祐長が片平城側に王宮伊豆神社を建立しました。 神社には 葛城王の墓があることから神紋は外雪橘?となっています。
片平の家紋は円に橘。 推測ですが、孤立した安積伊東氏が家紋にしたことは考えられます。
【投稿日】2015/11/29 00:53:39
【投稿者】かたぴーさん
【名字】益子 【都道府県】栃木県

祖父の家紋
【投稿日】2015/11/18 05:29:30
【投稿者】マッシーさん
【名字】熊田 【都道府県】兵庫県

母親の旧姓が熊田で、墓の家紋は丸に橘が描かれてます。
【投稿日】2015/11/08 01:38:16
【投稿者】ハチマル王さん
【名字】督永 【都道府県】滋賀県

先祖代々の家紋
【投稿日】2017/08/10 14:22:18
【投稿者】督永さん
みんなの家紋のはなし 投稿
「みんなの家紋のはなし」に書きこむには、ログインが必要です。

 

家紋の基礎知識はこちら
年間・半期トレンドランキングはこちら
いろいろな名字・珍しい名字ランキングはこちら
今日誕生日の有名人一覧へ
世界の名字ランキングはこちら

家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。(スペース区切りで複合検索できます)
検索例:梅

 
 

最近検索された家紋

三つ蔓片喰三つ蔓片喰  四つ鐶に釘抜き四つ鐶に釘抜き  丸に卍菱丸に卍菱  重ね三階菱重ね三階菱  三本杵三本杵  違い抱き角違い抱き角  入れ違い桐崩し入れ違い桐崩し  左三つ丁字巴左三つ丁字巴  十一曜十一曜  丸に出三つ柏丸に出三つ柏  組み合い菱組み合い菱  丸に四つ目菱丸に四つ目菱  細輪に稲垣茗荷細輪に稲垣茗荷  中陰唐花中陰唐花  三つちの字丸三つちの字丸  総陰竜胆車総陰竜胆車  一文字に三つ星一文字に三つ星  右二つ巴右二つ巴  三つ蝶に菊三つ蝶に菊  丸に揚羽蝶丸に揚羽蝶  三つ蔓藤三つ蔓藤  丸に根笹丸に根笹  三つ柏三つ柏  抱き桜抱き桜  五つ丁子五つ丁子  南部鶴南部鶴  丸に木瓜丸に木瓜  細輪に寿の字細輪に寿の字  隅入角に梅鉢隅入角に梅鉢  丸に橘丸に橘  鳥居鶴の丸鳥居鶴の丸  八曜八曜  糸輪に葡萄棚糸輪に葡萄棚  平井筒平井筒  離れ唐花離れ唐花  五本骨扇に橘五本骨扇に橘  向い蝶に蔦向い蝶に蔦  稲光付き四つ稲妻稲光付き四つ稲妻  横見葛の花横見葛の花  亀甲に立ち梶の葉亀甲に立ち梶の葉  束ね杜若束ね杜若  丸に陰抱き茗荷丸に陰抱き茗荷  丸に州浜釘抜き丸に州浜釘抜き  右離れ立ち葵右離れ立ち葵  変わり茗荷蝶変わり茗荷蝶  三つ袋三つ袋  三つ割り笹竜胆三つ割り笹竜胆  中陰鬼蔦中陰鬼蔦  三つ地紙に地抜き州浜三つ地紙に地抜き州浜  丸に三階菱丸に三階菱  抱き水仙抱き水仙  三つ割り篠笹三つ割り篠笹  竹輪に三つ雀竹輪に三つ雀  月に北斗星月に北斗星  丸に剣梅鉢丸に剣梅鉢  菱に花菱菱に花菱  外割り抱き柏外割り抱き柏  庵木瓜庵木瓜  陰裏桜陰裏桜  三階四つ目菱三階四つ目菱  六方亀甲形六方亀甲形  枝蘭枝蘭  関ケ原家康兜関ケ原家康兜  相良瓜相良瓜  隅切角に違い鷹の羽隅切角に違い鷹の羽  細輪に中柏細輪に中柏  入り込み抱茗荷入り込み抱茗荷  下がり藤下がり藤  登  室  長門三つ星長門三つ星  三つ盛り平稲妻三つ盛り平稲妻  梅鶴梅鶴  蜘蛛手蜘蛛手  十六目十六目  丸に六つ丁子丸に六つ丁子  糸輪に五つ槌糸輪に五つ槌  丸に並び矢丸に並び矢  山形に木瓜山形に木瓜  松竹梅竜胆松竹梅竜胆  重ね五つ目重ね五つ目  五瓜に上り藤五瓜に上り藤  丸に抱き柏丸に抱き柏  三つ鼓三つ鼓  岩村田藤岩村田藤  三つ重ね羽子板三つ重ね羽子板  三つ追い枝梅の丸三つ追い枝梅の丸  石持ち地抜き三つ鱗石持ち地抜き三つ鱗  桔梗飛び蝶桔梗飛び蝶  丁字桐丁字桐  重ね菱重ね菱  抱き松葉に梅の枝抱き松葉に梅の枝  芸州鷹の羽芸州鷹の羽  一文字の下に三つ州浜一文字の下に三つ州浜  丸に鬼蔦丸に鬼蔦  中輪に一つ河骨中輪に一つ河骨  丸に花菱丸に花菱  石持ち地抜き三つ分銅石持ち地抜き三つ分銅  団仙堤盤団仙堤盤  丸に三本並び傘丸に三本並び傘 

すべて見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
 

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください