【家紋名】 丸に三つ柏

家紋画像
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

古くは柏の葉に食べ物を盛って食器代わりとしていた。それを神に捧げていたことから、柏が「神聖な木」とみなされるようになった。柏紋を最初に使ったのは、神社に仕えた神官だったともいわれ、現在も神職に多く見られる家紋。


丸に三つ柏 の有名武将・大名

牧野氏
山内氏


※当サイトはリンクフリーです。お気軽にSNS、ブログ、掲示板にリンクをお貼りください。
※法人の方で家紋画像の利用を希望される方は、問い合わせ窓口にご連絡をお願いいたします。
※家紋の解説などの家紋データをご利用される場合は、「参考資料 家紋ドットネット」「家紋ドットネットより引用」「出典 家紋ドットネット」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 家紋ドットネット」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

丸に三つ柏 みんなの家紋のはなし
【名字】菊池 【都道府県】埼玉県

菊池本家から落人したのが私の祖先だと聞いています。東北に行き、今は関東です。東北に行った際に家紋も変えたそうです。
【投稿日】2019/01/06 00:55:14
【投稿者】あくさん
【名字】重良 【都道府県】兵庫県

元禄時代より現兵庫県西宮市山口町付近に居住(明徳寺過去帳より)
【投稿日】2019/01/05 10:57:30
【投稿者】じーじさん
【名字】小山 【都道府県】神奈川県

現在は神奈川ですが、祖父の出身は東北の白石です。
まだ私が小学生低学年の頃、もの凄く古い家系図が蔵を整理していた時に、たまたま発見されたのですが、その時に家系図を見ながら、亡き祖父が話してくれた話です。
桓武平氏の流れを汲み、平家一門として、源平の後は落武者として、東北へ。その後、伊達家に仕え、葛西一揆の際には、一武将として、反豊臣への一揆を先導した一人だったそうです。江戸時代には、上杉鷹山に仕え、武家でありながら、笹かまぼこを作る家でもあったそうです。私が幼い頃、色んな所からお中元で笹かまぼこが大量に届き、それを孫である私たちが平らげるのも、祖父の家に行った孫の役割でした。
神事とは、やや無縁かと思いますが、祖父が伊勢神宮の理事(?)や大山信仰のある神奈川で大山信仰の法人の役員をしていたのは、もしかしたら関係あったのかもしれません。
【投稿日】2018/09/08 01:30:58
【投稿者】ぼぶさん
【名字】笠原 【都道府県】岡山県

岡山県笠岡市・井原市等に多くみられる。
【投稿日】2018/08/17 09:44:52
【投稿者】かおるさん
【名字】三須 【都道府県】千葉県

八街市出身。
佐倉藩のおそらく下級藩士で、藩領の榎戸新田村に屋敷がありました。
江戸期以前の家系は不明。
【投稿日】2018/07/09 20:12:51
【投稿者】草餅さん
【名字】土谷 【都道府県】北海道

ルーツは不明。
【投稿日】2018/05/31 23:02:28
【投稿者】つっちーさん
【名字】天野 【都道府県】東京都

先祖は茨城だがずっとこの家紋を使っている。
【投稿日】2018/04/21 17:14:39
【投稿者】ミルキーさん
【名字】水間 【都道府県】北海道

先祖は能登から北海道の新十津川町に移住し『丸に蔦』を使用していたが、能登の菩提寺を訪問した際、先祖代々の法衣を見せてもらったところ『丸に三つ柏』が本当の家紋であったことが判明した。
【投稿日】2017/07/28 14:19:13
【投稿者】ヒストリアさん
【名字】大藏 【都道府県】千葉県

祖母の苗字は大藏といい、大藏家は10代目が変えた苗字です。その前は、金春。さらにその前は、秦といい、秦の始皇帝の後裔と言われています。社家に多いと言われていますが僕の家は大和猿楽の金春座大藏流の八右衛門家(分家であり、東京を拠点として活動した分家筆頭の幕府序列3位の家)です。東京を拠点としていたため、先祖は織田→豊臣→徳川と使えていたそうです。徳川の名残があり、元は丸に三つ葉葵でした。宗家の墓はわかりませんが、八右衛門家はこの家紋です。
【投稿日】2017/07/04 22:46:41
【投稿者】Lokiさん
【名字】和知 【都道府県】福島県

近所には同じ家紋は和知だけです。
【投稿日】2017/04/15 19:09:07
【投稿者】ライムさん
【名字】兼松 【都道府県】千葉県

祖父(おそらく東京出身)が建てたお墓(板橋区総泉寺)の印。但し葉脈が三本ずつで普通よりひとつ足りない。
【投稿日】2016/12/14 06:21:59
【投稿者】Cointurtleさん
【名字】相馬 【都道府県】静岡県

5代以上前に家系図が火災で消失しているため本当の所は分かりませんが、口伝えでは江戸時代前にどこかからか移り住んで来た家系のようです。
落ち武者という人もいますし、地元の神社を持ってきた家で祭祀をしていた家系とも言われています。
2百年以上前からあると思われる墓石には「相馬」と記されているため過去は相馬性だったと思われます。
地元には当家を研究されている方もいらっしゃり、東北から移動してきた相馬家であるとか、岡山から移動してきた家系であるとかいろいろ言われています。
真実がわかりません。^^;
【投稿日】2016/11/25 22:04:51
【投稿者】utaさん
【名字】左近 【都道府県】東京都

今は仕事の関係で東京在住ですが、本家は福井県にあり、先祖は武家であったと亡父から聞かされました。
【投稿日】2016/11/08 12:51:15
【投稿者】ノアさん
【名字】渦本 【都道府県】大阪府

初代より使用。
【投稿日】2016/10/14 12:43:33
【投稿者】稀勢の里さん
【名字】篠原 【都道府県】大阪府

改めて確認した所、葉脈が3本ずつのタイプでした。
【投稿日】2016/09/17 16:17:08
【投稿者】四ノ原さん
【名字】篠原 【都道府県】大阪府

シノハラ読みで先祖が滋賀出身らしいです。
【投稿日】2016/09/16 01:47:30
【投稿者】四ノ原さん
【名字】葉桐 【都道府県】静岡県

先日 85才で無くなりました父は静岡生まれでした その父(私のおじいさん)が青山八幡宮の氏子総代をしていたと聞いております 実家の墓石にはこの丸に三つ柏が彫られておりました 神社や神道系の一族が多用した家紋です 一説には古代イスラエルと神道の関連性を匂わすデザインともいわれ 所謂 日ユ同祖論で云うところの柏の葉脈9本がユダや教の燭台ハヌカを思わせると唱える 研究者や知識人も見受けられます 徳島県祖谷村は様々な興味深い伝承がありますが 平家の落武者である事は 父も平家の落武者が奈良から雲水(全国行脚する修行僧)となり静岡県に落ち着いたと伝え聞いております

【投稿日】2016/08/11 19:48:28
【投稿者】エリヤさん
【名字】永家 【都道府県】岐阜県

本家は岐阜県古川市にあるとの事です
私の家は分家ですさらにその分家が2家あります
【投稿日】2016/05/07 17:40:15
【投稿者】こうとさん
【名字】永家 【都道府県】岐阜県


柏のように古い葉が落ちないと新しい葉が生えないから家が末永く続くことを願ってこの家紋なのでしょう
【投稿日】2016/05/07 17:33:37
【投稿者】こうとさん
【名字】四栗 【都道府県】福島県

丸に三つ柏の家紋で、先祖(江戸時代末期)が 四栗一郎左衛門 又は 四栗一郎右衛門と 言う人々の子孫の方々を 探してます。
【投稿日】2016/04/18 00:04:49
【投稿者】axqさん
【名字】夏堀 【都道府県】青森県

元々は福島県会津地方の武士で、当時は柏屋という苗字でした。その後青森県三戸郡福地村苫米地へ移住。
家紋に柏屋の苗字の名残があります。
【投稿日】2015/11/13 22:10:38
【投稿者】やこたんさん
【名字】市村 【都道府県】福井県

大飯郡高浜町出身
【投稿日】2015/10/28 01:40:51
【投稿者】碧兎さん
【名字】唐木 【都道府県】長野県

詳しくは分かりません。伊那以外の地域です。
【投稿日】2017/12/30 11:18:01
【投稿者】唐木さん
みんなの家紋のはなし 投稿
「みんなの家紋のはなし」に書きこむには、ログインが必要です。

 

家紋の基礎知識はこちら
年間・半期トレンドランキングはこちら
いろいろな名字・珍しい名字ランキングはこちら
今日誕生日の有名人一覧へ
世界の名字ランキングはこちら

家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。(スペース区切りで複合検索できます)
検索例:梅

 
 

最近検索された家紋

七枚根笹七枚根笹  花形庵花形庵  三つ梶の葉三つ梶の葉  日の丸雁木扇日の丸雁木扇  丸に花角丸に花角  丸に違い鷹の羽丸に違い鷹の羽  陰に一本杉陰に一本杉  平隅切りに三つ葵平隅切りに三つ葵  細輪に森の字細輪に森の字  源氏車源氏車  一つ波丸一つ波丸  剣梅鉢剣梅鉢  割り菊の葉菱割り菊の葉菱  丸に桝丸に桝  丸に抜け十字(丸に出十字クルス)丸に抜け十字(丸に出十字クルス)  五三桐に鷹の羽五三桐に鷹の羽  陰踊り桐陰踊り桐  変わり花抱き茗荷_変わり花抱き茗荷_  丸に九枚笹丸に九枚笹  丸に釘抜き丸に釘抜き  丸に三つ星丸に三つ星  二引両二引両  丸に梅鉢丸に梅鉢  下り藤に三つ巴下り藤に三つ巴  七つ繋ぎ鱗七つ繋ぎ鱗  丸に立ち沢瀉丸に立ち沢瀉  割り瓢菱割り瓢菱  丸に六つ水車丸に六つ水車  陰向い脹ら雀陰向い脹ら雀  丸に小の字丸に小の字  五七鬼桐五七鬼桐  細輪に三つ葉桔梗細輪に三つ葉桔梗  杏葉桜杏葉桜  三つ葉柊三つ葉柊  浮舟浮舟  鳥居に向い鳩鳥居に向い鳩  丸に太九枚笹丸に太九枚笹  柳生笠柳生笠  二枚葉蔓鬼梶二枚葉蔓鬼梶  抱き寓生の丸二向い鶴抱き寓生の丸二向い鶴  五瓜に唐花五瓜に唐花  丸に違い柏丸に違い柏  浮線桐浮線桐  丸に竹向い雀丸に竹向い雀  重ね扇菱重ね扇菱  丸に蔦丸に蔦  丸に剣片喰丸に剣片喰  筆形輪宝筆形輪宝  竪輪違い竪輪違い  金輪丁字金輪丁字  二枚桑兜二枚桑兜  丸に変わり切竹笹に笠丸に変わり切竹笹に笠  細中陰片喰細中陰片喰  三つ重ね矢三つ重ね矢  隅入角に梅鉢隅入角に梅鉢  六つ内に三つ松皮菱六つ内に三つ松皮菱  鳩  丸に笹竜胆丸に笹竜胆  丸に抱き葉沢瀉丸に抱き葉沢瀉  亀甲花菱亀甲花菱  違い鷹の羽違い鷹の羽  三つ蝶に落ち牡丹三つ蝶に落ち牡丹  杏葉竜胆杏葉竜胆  左三つ巴左三つ巴  大関朧月大関朧月  丸に三つ柏丸に三つ柏  丸に一の字丸に一の字  三つ葉藤の丸三つ葉藤の丸  丸に五三桐丸に五三桐  反り亀甲に片喰反り亀甲に片喰  丸に剣梅鉢丸に剣梅鉢  日蓮宗橘日蓮宗橘  陰輪に宝結び陰輪に宝結び  隅入り角に四つ目隅入り角に四つ目  割り違い梶の葉割り違い梶の葉  二つ割り剣片喰菱二つ割り剣片喰菱  隅入り角に三つ巴隅入り角に三つ巴  丸に並び柊丸に並び柊  丸に並び鷹の羽丸に並び鷹の羽  丸に抱き柏丸に抱き柏  入れ違い梶の葉入れ違い梶の葉  五曜鉄線五曜鉄線  亀甲に蛇の目亀甲に蛇の目  陰丸の内に二つ引き陰丸の内に二つ引き  台地抜き唐花台地抜き唐花  三つ蝶三つ蝶  相馬繋ぎ馬相馬繋ぎ馬  丸に四つ目菱丸に四つ目菱  二羽飛び雁金二羽飛び雁金  変わり向こう桜変わり向こう桜  真向い五徳真向い五徳  三重輪三重輪  違い扇違い扇  丸に一つ石丸に一つ石  石持ち地抜き抱き沢瀉石持ち地抜き抱き沢瀉  丸に違い羽子板丸に違い羽子板  菊水菊水  丸に五つ松車丸に五つ松車  三つ割り葉沢瀉に桔梗三つ割り葉沢瀉に桔梗  隅立て右卍崩し隅立て右卍崩し 

すべて見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
 

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください