家紋コラム - 織田家家臣の家紋1

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

スポンサーリンク

 

永禄3年5月19日(1560年6月12日)、今からおよそ459年前、織田信長は桶狭間の戦いで今川義元を討ち、天下にその名を轟かせました。
織田家の家臣(重臣)であった丹羽家、柴田家、滝川家、前田家の家紋をご紹介いたします。

No. 家紋 説明
1 丹羽直違(直違)
「丹羽直違(にわすじかい)」は丹羽氏の代表紋。
2本の直線を斜めに交差した形は、地震や風で建物が倒れるのを防ぐために柱と柱の間に挟む木材を表しているとされ、家や城を守るといった意味を込めて、紋章として用いられたといわれています。「丹羽長秀(にわながひで)」は長きにわたって信長に仕えていました。
2 二つ雁金
「二つ雁金(ふたつかりがね)」は柴田氏の代表紋。
「雁金(かりがね)」は、“幸せを運ぶ鳥”「雁(かり)」を紋章化した家紋。「柴田勝家(しばたかついえ)」が作ったといわれる「二つ雁金」は、二羽の「雁」を上下に並べたもので、この二羽の「雁」は「柴田勝家」と、妻の「市(いち)」のようだともいわれています。江戸時代には「丸に二つ雁金(まるにふたつかりがね)」も用いていたとされています。
3 丸に堅木瓜
「丸に堅木瓜(まるにたてもっこう)」は滝川氏の代表紋。
「丸に堅木瓜」は織田氏の家紋「織田瓜(おだか)」と同じ「木瓜」紋で、通常横向きの「木瓜」紋が縦向きに描かれています。「滝川一益(たきがわいちます)」は、鉄砲の腕前から織田氏の家臣になったといわれており、同じ「木瓜」紋であるこの「丸に堅木瓜」からも、織田氏との深いつながりが感じられます。
4 加賀梅鉢(梅鉢)
「梅鉢(うめばち)」は前田氏の代表紋。
「梅鉢」紋は、梅の花を幾何学的に紋章化したもので、菅原道真の子孫と称す前田氏は、菅原道真にちなんで「梅鉢」を用いていたといわれています。「前田利家(まえだとしいえ)」の時代には「星梅鉢(ほしうめばち)」だったともいわれています。

その他の家紋コラムはこちら
家紋検索

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
 

大ヒット中!! スマホで家紋ドットネットを使うなら、アプリがおすすめ!